メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラウスやアクセサリー…猫モチーフ作品ずらり

猫がプリントされたブラウスやバッグを発表したシャネル=パリ市内で2016年3月8日、島村幸志氏撮影
猫の目がシャネルのブランドロゴになっているアクセサリー=パリ市内で2016年3月8日、島村幸志氏撮影
猫の模様をかたどったアレクシ・マビーユのドレス=パリ市内で2016年3月8日、島村幸志氏撮影
スペインのブランド、ロエベのショーに登場した猫のお面のようなアクセサリー=パリ市内で2016年3月8日、島村幸志氏撮影

 【パリ野村房代】9日まで開催中のパリコレクションで、猫をモチーフにした作品が多数発表され、話題を集めている。日本では猫の写真集やゲームがヒットし、猫がもたらす多大な経済効果が「ネコノミクス」と呼ばれている。いずれのデザイナーも猫を取り入れた理由は明らかにしていないが、猫はモードの世界にも波及効果を招くよう期待されているようだ。

     8日に行われたシャネルのショーでは、かわいらしい猫がプリントされたブラウスやバッグ、猫の目がシャネルのブランドロゴになっているアクセサリーが披露された。

     このほか同日までにショーを開いたブランドでは、アレクシ・マビーユが猫をかたどったブラウスやドレス、ロエベは猫のお面のようなアクセサリーを発表。日本人デザイナー、高橋盾さんが手がけるアンダーカバーはライダースジャケットに猫模様を入れていた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民 二階氏「意見ある人は来い」 報道批判真意問われ
    2. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    3. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
    4. トランプ大統領 北朝鮮情勢「軍事衝突発展の可能性ある」
    5. 神奈川県警 着服の女性巡査懲戒処分「ホストクラブ通い」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]