メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金第1書記「弾道ミサイルに核爆弾軽量化実現」

 【北京・西岡省二】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が核兵器開発の科学者らを現地指導し「核弾頭を軽量化し、弾道ロケットに適した標準化・規格化を実現したことが真の核抑止力だ」と述べ、弾道ミサイルに装着できるほどに核爆弾を小型化させることに成功したと主張した。朝鮮中央通信が9日伝えた。指導日時は不明。

     関係国の間では北朝鮮の核爆弾小型化はまだ達成されていないとの見方が強く、金第1書記の発言は国連安全保障理事会の制裁決議や、現在実施されている米韓合同軍事演習に対抗し、関係国を威嚇する狙いがあるとみられる。

     同通信は「(金第1書記が)核施設の正常運営、核物質の増産を指示し、精密化・小型化された核兵器及び運搬手段をより多く製造するだけでなく、既に実戦配備された核攻撃手段を絶えず更新する対策を講じるよう強調した」と伝えた。

     また、金第1書記は、核・経済の並進路線を「急変する情勢に対処するための一時的な対応策ではなく、帝国主義の核威嚇と専横が続く限り、恒久的に掲げるべき戦略的路線だ」と位置づけたうえ「米帝が我々の自主権と生存権を核で抑え付けようとする時、ちゅうちょなく核で先に攻撃する」と強調した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ミス日本2017 グランプリは京都出身の阪大生、高田紫帆さん ミス着物とダブル受賞 弟はサッカー選手
    2. 大相撲 高安 稀勢の感謝の言葉に感激「ビタミン剤100本分」(スポニチ)
    3. 世界の雑記帳 路上販売の赤いトランプ帽は外国製、就任式参加者に衝撃広がる
    4. 稀勢の里 「再びVを」 初優勝一夜明け、綱へ責任感
    5. ライオン 飼育員2人かまれ重傷 撮影用、千葉・動物プロ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]