メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全校集会学校謝罪「卒業一緒の気持ちで」

 男子生徒の自殺が発表された保護者会から一夜明けた9日、広島県府中町の町立府中緑ケ丘中では臨時の全校集会が開かれた。坂元弘校長は男子生徒は病死ではなく自殺だったことを報告し、学校側の誤った進路指導があったことなどを謝罪した。

     全校集会は午前8時半から約30分間、体育館で非公開で行われた。坂元校長は「ご遺族の意向を優先し、今日まで本当のことを伝えられなくて申し訳ない」と述べ、12日に卒業式を控える3年生には「(亡くなった男子生徒と)一緒に卒業する気持ちを持ってもらいたい」と話したという。約630人の全校生徒らは静かに聴き入っていたという。

     町教委は今後、同校にスクールカウンセラーを派遣し、生徒の心のケアに努める。同校も全校生徒にアンケートを実施し、男子生徒が亡くなる直前の様子などを調べるという。【石川将来、山田尚弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. スペースワールド 閉園伝えるCMが話題 明るくアピール
    2. 那須雪崩8人死亡 一瞬で胸まで「景色も音も覚えてない」
    3. クローズアップ2017 雪崩8人死亡 訓練続行判断、なぜ
    4. この世界の片隅に 興収25億円突破 動員190万人
    5. てるみくらぶ 破産 格安ツアー、9万人影響 申込者落胆、弁済1%

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]