メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全校集会学校謝罪「卒業一緒の気持ちで」

 男子生徒の自殺が発表された保護者会から一夜明けた9日、広島県府中町の町立府中緑ケ丘中では臨時の全校集会が開かれた。坂元弘校長は男子生徒は病死ではなく自殺だったことを報告し、学校側の誤った進路指導があったことなどを謝罪した。

     全校集会は午前8時半から約30分間、体育館で非公開で行われた。坂元校長は「ご遺族の意向を優先し、今日まで本当のことを伝えられなくて申し訳ない」と述べ、12日に卒業式を控える3年生には「(亡くなった男子生徒と)一緒に卒業する気持ちを持ってもらいたい」と話したという。約630人の全校生徒らは静かに聴き入っていたという。

     町教委は今後、同校にスクールカウンセラーを派遣し、生徒の心のケアに努める。同校も全校生徒にアンケートを実施し、男子生徒が亡くなる直前の様子などを調べるという。【石川将来、山田尚弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 乗用車横転 少年死亡男女6人重軽傷「操作誤り」 滋賀
    2. 米大統領広島訪問 謝罪しなければ、構わない…トランプ氏
    3. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
    4. サウジ 「出産立ち会う権利ない」夫、男性産科医を銃撃
    5. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]