メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通報した職員名が京都市に伝わる 懲戒処分も

 内部告発を受け付ける京都市の公益通報外部窓口に通報した男性職員の氏名が市側に伝えられていたことが市などへの取材で分かった。窓口を担当する弁護士が伝達したという。この職員は取材に「市に伝わるとは思っていなかった」と主張している。一方、市は「『氏名の伝達を職員も了承した』と弁護士から聞いている」として問題にしない方針だ。

     40代の男性職員は児童養護施設長が児童福祉法違反容疑で逮捕された事件に関連し、逮捕前の昨年3月に公益通報外部窓口にメールで通報した。昨年12月には、被害女性の内部記録を無断で持ち出したとして停職3日の懲戒処分を受け、職員は市人事委員会に処分取り消しを求める不服申し立てをした。

     職員は通報メールに「私が通報者と推認される覚悟はある」などと書いたが、取材には「あくまで覚悟を書いただけ。氏名を市に伝えるという確認は弁護士からはなかった」としている。【土本匡孝、木下訓明】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自動ブレーキ ベビーカーに装着 中学生の発明が特許
    2. 英EU離脱 公約「うそ」認める幹部 「投票後悔」の声も
    3. 英保守党 深まる混迷 同僚「戦場から逃げた」
    4. 米国 自動運転で初の死亡事故…テスラ、当局が機能調査
    5. 石巻3人殺傷 元少年「死刑執行まで死ぬ意味を探したい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]