メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大震災5年

夕日に赤く染まる住宅跡 福島県浪江町

夕日に照らし出され赤く染まる、津波を受けた建物=福島県浪江町で2016年2月26日午後5時1分、小出洋平撮影

 復旧工事のつち音が消えた夕暮れ時の福島県浪江町請戸地区。震災の津波で鉄骨がむき出しになった食堂や、基礎だけが残った住宅の跡が夕日に赤く染まる。

     押し寄せた津波は2階天井に迫る高さだった。その後の東京電力福島第1原発事故で警戒区域に指定され、行方不明者の捜索や復旧活動は難航した。

     かつて漁港として栄えた地区から、約8キロ南に第1原発の排気筒が見える。5年が過ぎ、同地区は避難指示解除準備区域に変わった。漁業関連施設の工事が行われているが、地区の再建はまだ始まったばかりだ。【小出洋平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    2. 大阪・寝屋川 画像診断で遺体確認 死体遺棄容疑で逮捕状
    3. 大阪 「子供4人産み、家に遺体」中年女性が交番訪れ申告
    4. 医師法違反 免許持たず医療行為 36歳男を逮捕 三重
    5. コンビニ ミニストップが全店舗で成人誌の販売を中止へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]