メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京のカナダ大使館で追悼絵灯籠

追悼の絵やメッセージで作られた灯籠を見つめる子供たち=東京都港区で2016年3月8日午後6時53分、望月亮一撮影

 東京都港区のカナダ大使館で8日、東日本大震災5年を前に「3・11震災5年 なとり閖上(ゆりあげ)追悼絵灯籠(とうろう)」が開かれた。

     宮城県名取市での毎年恒例の追悼イベントだが、今年は会場の一部が復興工事で使えず、主催者に頼まれ同大使館が協力した。カナダ政府は震災後、同国産木材を使った図書館を同市に寄贈するなど縁が深い。

     この日は、近隣の住民やインターナショナルスクールの生徒などが、犠牲者への追悼の絵やメッセージを書き込んだ250基の灯籠が並べられた。家族で訪れたバンワウ・シェーンさん(12)は「みんなが描いた絵が灯籠になっていて感動した。震災をいつまでも忘れずにいたい。少しでも早く復興してほしい」と話した。11日まで。【望月亮一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 集英社 「ワンピース」実写化決め手は制作費「史上最高」
    2. ヒアリ 福岡でも確認 九州地方で初
    3. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見
    4. ORICON NEWS 星野源&香取慎吾との対談が反響 『AERA』完売続出で創刊号以来の重版決定
    5. 加計新学部 山本担当相、根拠のメモ説明二転三転

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]