メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

文学/上 作家を駆り立てたもの 「戦争」以来の切実なテーマ

 東日本大震災以降の5年間で、直接震災から題材をとった作品をざっと思い浮かべてみただけで50冊近く(別表)挙がった。歴史・時代小説にも大震災を意識した作品はあるが、それを除いてこの数だ。近年、こんなふうに一つのテーマで文学作品が相次いで執筆されるのは、「戦争文学」をおいて他になかった。「震災文学」あるいは「3・11文学」に作家たちを駆り立てたものは何か。そしてどんな作品を書いてきたのか。2回にわたってふり返る。【内藤麻里子】

 さきごろ発表された第50回吉川英治文学賞を射止めたのは、赤川次郎さんの『東京零年』だった。赤川さん…

この記事は有料記事です。

残り1968文字(全文2232文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです