メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会いたい・聞かせて

「性同一性障害」テーマに講演、加藤幹保さん /栃木

加藤幹保さん

「自分らしく生きる」 加藤幹保さん(27)

 体と心の性が一致しない性同一性障害。下野市の会社員、加藤幹保さん(27)もその一人。体は女性なのに心は男性という悩みを抱えて生きてきた。周りの人に公表(カミングアウト)することの難しさ。ありのままの自分をさらせないつらさ。葛藤を乗り越え、今年2月、戸籍上も男性になった。「自分らしく生きる」とは。思いを聞いた。【野口麗子】

 −−自身の性同一性障害に気がついたのは?

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1419文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです