メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定住旅行家

ERIKOさん、鳥羽の離島7泊8日の旅 「濃密な人間関係実感」 /三重

ワカメの茎を手に仕分け作業に励むERIKOさん=鳥羽市の離島・答志島で

 国内外の各地に一定期間住み込んで旅を続ける「定住旅行家」、ERIKOさん(32)=東京都在住=が、鳥羽市の離島・答志島を訪れた。7泊8日の旅で島民たちの暮らしぶりに触れ「都会とは真逆の濃密な人間関係を実感した」と話す。今後も再訪を重ね、島民の生活や生き方を国内外に紹介するという。

 鳥取県米子市出身でモデルとしても活躍するERIKOさんは、高校在学中の英米への語学留学をきっかけに、卒業後もイタリア、インドなどに長期滞在して各国で暮らす人々に興味を抱くようになった。2012年3月から1年4カ月をかけ中南米などの25カ国を旅し、現在は商標登録した「定住旅行家」を名乗り、旅行記を本やブログで発表している。

 ERIKOさんが離島に滞在したのは国内では北海道の利尻島に次いで2回目。エコツアーを企画・運営する…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文843文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]