メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

県が流行警報 38医療機関、患者数平均30人超え /島根

 県は9日、県全域にインフルエンザ流行警報を発令した。2月29日から6日までの1週間に県内38の定点医療機関から報告があった患者数は平均30・39人。警報の基準となる30人を今シーズン初めて上回った。

 薬事衛生課によると、38機関の患者数は合計で1155人。地区ごとの平均患者数は雲南(46・67人)、出雲(37・89人)、松江(3…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ネット得票最多が“落選” 自民道連「組織票」 参院選候補選び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです