メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教訓を伝える

東日本大震災/下 元陸自航空隊副隊長・石原四広さん(57) 被災地にヘリ派遣 /徳島

「災害時」普段から想像を

 東日本大震災の発生当時は、陸上自衛隊東北方面航空隊(仙台市若林区)の副隊長でした。会議中にひどい揺れがあり、20分後には上空から映像を撮って状況を把握する偵察ヘリコプターが飛び立ちました。押し寄せてくる津波の映像が届き、想像を超えた大きな被害を覚悟しました。

 緊急時の決定は副隊長にも任され、私はヘリをどこに飛ばすか瞬時に判断しなければなりませんでした。宮城県庁からは、津波で建物に取り残された人々の断片的な情報が次々と入ります。上空は雪雲で、とても寒い日でした。情報があれば空振りを恐れずヘリを出し、救助に当たりました。数日後に生存者の救助は減り、物資輸送が主な任務になりました。

 その春、私は異動で東北を離れました。最後に搭乗したヘリから見た光景は、きれいな松原があった海岸線に…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです