メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「M8の余震、留意を」 震災5年以降も

 政府の地震調査委員会の本蔵義守委員長(東京工業大名誉教授)は9日、東日本大震災のマグニチュード(M)9の地震以降の余震活動について、他の地域の巨大地震を踏まえ、震災当日に起きたM7.6の最大余震を上回る「M8を超えるような余震の可能性について、留意を続けなければならない」と述べた。

     同日開かれた地震調査委が、震災後5年間の余震活動を評価した。2004年12月のインドネシア・スマトラ沖地震(M9.1)の震源やその周辺で、5年以上たった後もM8級の地震が複数回起きた。今月2日にもスマトラ沖で、04年の地震の影響とみられるM7.8の地震が発生しており、本蔵委員長は「東日本大震災とスマトラ沖地震は、地形が似たところで起きており、同じような規模の余震が起きてもおかしくない」と説明した。

     調査委によると、震災以降、岩手県沖から千葉県東方沖にかけて、M4以上の余震の回数は徐々に減少しているが、12年以降もM7級の余震は年1回の頻度で起きている。【久野華代】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
    2. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
    3. 地震動予測地図 関東~四国で高い確率継続…震度6弱以上
    4. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金
    5. 無線LAN 「ただ乗り」は無罪 不正アクセスで懲役8年

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]