メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震調査委員会

「M8の余震、留意を」 震災5年以降も

 政府の地震調査委員会の本蔵義守委員長(東京工業大名誉教授)は9日、東日本大震災のマグニチュード(M)9の地震以降の余震活動について、他の地域の巨大地震を踏まえ、震災当日に起きたM7.6の最大余震を上回る「M8を超えるような余震の可能性について、留意を続けなければならない」と述べた。

     同日開かれた地震調査委が、震災後5年間の余震活動を評価した。2004年12月のインドネシア・スマトラ沖地震(M9.1)の震源やその周辺で、5年以上たった後もM8級の地震が複数回起きた。今月2日にもスマトラ沖で、04年の地震の影響とみられるM7.8の地震が発生しており、本蔵委員長は「東日本大震災とスマトラ沖地震は、地形が似たところで起きており、同じような規模の余震が起きてもおかしくない」と説明した。

     調査委によると、震災以降、岩手県沖から千葉県東方沖にかけて、M4以上の余震の回数は徐々に減少しているが、12年以降もM7級の余震は年1回の頻度で起きている。【久野華代】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
    2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
    3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    4. 北海道 気温上がらず 斜里町で14.9度と5月中旬並み
    5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 北大会 花咲徳栄VS上尾 昨夏覇者と古豪 あす決勝で激突 /埼玉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]