メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人が日常的に出入りの10地区、モデル除染 

 政府は9日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の森林除染について、人が日常的に出入りして利用している森林10地区程度を選び、モデル除染を実施することを明らかにした。除染手法の確立を目指す。人が立ち入らない森林を除染しない方針は変えない。

     政府は同日、環境、農林水産、復興3省庁大臣らによるプロジェクトチームを開き、方針を示した。モデル地区は、福島県などと協議し、避難指示区域から選定。土壌のはぎ取りなどの除染や伐採作業などを実証する。

     一方、福島県内の森林の大半を占める、生活圏から20メートル以上離れ人が入らない場所については、その放射性物質によって生活圏の空間線量の増加が確認されていないことなどから除染は実施しない。森林除染については、地元から拡大を求める声が出ていた。【渡辺諒】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 筑波サーキット レース中に事故、男性死亡 茨城
    2. 平塚市教委 授業中校外で事故死、第三者委 「考え甘かった」 /神奈川
    3. 自民党 石破派、産経記事配布に抗議
    4. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    5. 前理財局長 「ゼロ回答」で栄転 禍根残す人事?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]