メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人が日常的に出入りの10地区、モデル除染 

 政府は9日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の森林除染について、人が日常的に出入りして利用している森林10地区程度を選び、モデル除染を実施することを明らかにした。除染手法の確立を目指す。人が立ち入らない森林を除染しない方針は変えない。

     政府は同日、環境、農林水産、復興3省庁大臣らによるプロジェクトチームを開き、方針を示した。モデル地区は、福島県などと協議し、避難指示区域から選定。土壌のはぎ取りなどの除染や伐採作業などを実証する。

     一方、福島県内の森林の大半を占める、生活圏から20メートル以上離れ人が入らない場所については、その放射性物質によって生活圏の空間線量の増加が確認されていないことなどから除染は実施しない。森林除染については、地元から拡大を求める声が出ていた。【渡辺諒】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治 「カール」販売終了 中部地方以東 販売低迷で
    2. 将棋 14歳プロ藤井四段 無敗13連勝 羽生に迫る神童
    3. グルメ “やおきん=うまい棒の会社”が確立? やおきんが発表した「人気駄菓子ランキング」の上位はほとんど……(GetNavi web)
    4. 加計学園 前川氏会見詳報(4) 官邸最高レベルは首相か官房長官
    5. 将棋 森内九段が名人戦「引退」 「A級降級で結論」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]