メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

「生きること」考えたい 加古川出身の映画監督・後藤サヤカさん、僧侶6人の活動追う /兵庫

姫路で初の里帰り上映会を行う後藤サヤカ監督=兵庫県姫路市内で、山縣章子撮影

「Buddhist」26日姫路で上映

 加古川市出身の女性映画監督、後藤サヤカさん(31)=東京都、写真=が6人の僧侶の活動を追ったドキュメンタリー映画「Buddhist−今を生きようとする人たち」が26日午後2時から、姫路市勤労市民会館(同市中地)で上映される。故郷の播磨では初の里帰り公開となる。製作は加古川市、東京で阪神大震災と東日本大震災に遭い、人生を考え直したことがきっかけだという。「『いつ死ぬか分からない』なら、今を生きることを一緒に考えたい」とカメラを回してきた。上映会では出演者らを招いて人生観をテーマにしたトークも実施する。【山縣章子】

 後藤さんは10歳だった1995年に阪神大震災を加古川市で経験。2011年3月11日には、都内の駅で…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1033文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです