メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

「生きること」考えたい 加古川出身の映画監督・後藤サヤカさん、僧侶6人の活動追う /兵庫

姫路で初の里帰り上映会を行う後藤サヤカ監督=兵庫県姫路市内で、山縣章子撮影

「Buddhist」26日姫路で上映

 加古川市出身の女性映画監督、後藤サヤカさん(31)=東京都、写真=が6人の僧侶の活動を追ったドキュメンタリー映画「Buddhist−今を生きようとする人たち」が26日午後2時から、姫路市勤労市民会館(同市中地)で上映される。故郷の播磨では初の里帰り公開となる。製作は加古川市、東京で阪神大震災と東日本大震災に遭い、人生を考え直したことがきっかけだという。「『いつ死ぬか分からない』なら、今を生きることを一緒に考えたい」とカメラを回してきた。上映会では出演者らを招いて人生観をテーマにしたトークも実施する。【山縣章子】

 後藤さんは10歳だった1995年に阪神大震災を加古川市で経験。2011年3月11日には、都内の駅で…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1033文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです