メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

震災5年 仮設長期化、心身に負担 要介護・要支援者が増加

 東日本大震災で大きな被害が出た被災地の仮設住宅が、2019年度まではなくならないことが、毎日新聞の調査で判明した。長く住むことを想定していない狭いプレハブ住宅での長期にわたる生活で心身状態が悪化したり、住宅再建意欲を失ったりする避難住民が増えており、被災自治体の大きな課題になりつつある。【渡辺暢、春増翔太、日下部元美、川辺和将】

 宮城県南三陸町の高台にある志津川小学校のグラウンドの仮設住宅で昨年11月1日、自治会長の男性(当時…

この記事は有料記事です。

残り2422文字(全文2638文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです