メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

自主避難の命綱、あと1年 住宅無償提供打ち切り 支援続けるフリーライター・吉田千亜さんに聞く

吉田千亜さん=内藤絵美撮影

孤立無援、声を聞いて

 自主避難者の支援を続けるフリーライター、吉田千亜さん(38)に課題を聞いた。

          ◇

 原発事故が起きた2011年の末、埼玉県にも多くの母子避難者がいることを知った。全く知らない場所に子どもだけ連れて避難するのはどんなにつらいだろうと思い、交流会を開くようになった。

 彼女たちから話を聞き、あまりの孤立無援に驚いた。二重生活で支出は増えるのに、東京電力が自主避難者に支払う賠償は乏しい。子どもを被ばくさせたくないのは当然。好きで避難したはずもないのに「勝手に逃げた」と偏見にさらされ、心を閉ざすようになる。

 福島県いわき市から幼い娘と避難した母親は、みなし仮設住宅の古い雇用促進住宅に入った。警戒心から周囲…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです