メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鎮魂の朝…2561人なお行方不明

日和山に線香を供えて手を合わせ、涙を流す人たち=宮城県名取市で2016年3月11日午前6時44分、森田剛史撮影

 東日本大震災は11日、発生から5年の朝を迎えた。津波にのまれるなどして行方不明の人は、いまだに2561人。警察庁によると、捜索に65万人以上を投入してきたが、時間の経過とともに見つかる遺体は減り、半年間で身元を確認できたのは4人(2月末現在)にとどまる。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 魅力化プロジェクト 夕張高で「キセキの授業」 元CA招く 就職希望者が参加 /北海道
  2. 皇室 皇后さま83歳 退位実現「安らぎ」 特例法に感謝
  3. 愛知県警 「馬逃走」イラスト効果? 反響、開設以来最高
  4. 人生相談 次男の交際相手に納得できない=回答者・高橋源一郎
  5. 日産出荷停止 不信底なし 社長、法令順守の甘さ認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]