メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鎮魂の朝…2561人なお行方不明

日和山に線香を供えて手を合わせ、涙を流す人たち=宮城県名取市で2016年3月11日午前6時44分、森田剛史撮影

 東日本大震災は11日、発生から5年の朝を迎えた。津波にのまれるなどして行方不明の人は、いまだに2561人。警察庁によると、捜索に65万人以上を投入してきたが、時間の経過とともに見つかる遺体は減り、半年間で身元を確認できたのは4人(2月末現在)にとどまる。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 隠し撮り写真 中森明菜さん勝訴 東京地裁
  2. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
  3. 相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 全文
  4. 沢尻エリカ 「欲望に素直でありたい」 “お忍び”カット公開
  5. 相模原殺傷 消防の隊員「あまりに悲惨な状況に絶句」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]