メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ガス 2月末までに契約申し込み6万件

 大阪ガスは10日、4月の電力小売り全面自由化に伴って始める家庭向け電力販売の申し込みが、6万件(2月末時点)に達したと発表した。電力広域的運営推進機関によると、関西電力管内で関電から新電力の家庭向け新料金プランに切り替えた件数(2月26日時点)は7万3400件だったため、約8割が大阪ガスを選んだことになる。初年度は20万件の顧客獲得を目指しており、本荘武宏社長は「スムーズな出だし」と手応えを示した。

 大和ガス(奈良県大和高田市)など近畿のガス事業者8社と提携して電力販売を強化する方針も明らかにした。本荘社長は「新電力の参入は激しく、今や関電との競争だけではない。気を引き締めていく」と意気込んだ。

 一方、2017年4月に始まるガス小売り全面自由化ではシェアを守る側となり、20年度までに「販売量ベースで2%程度の離脱があると見込んでいる」(本荘社長)とした。省エネ化が進む影響もあり、自由化初年度の17年度のガス販売量は前年度比2.7%減になる見込み。

 17年3月期の業績予想も発表。原油価格が上がると見込み、売上高は前期比12.6%減の1兆1705億円、営業利益は41.2%減の855億円になる見通し。【古屋敷尚子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立小中 授業料支援へ 年収590万円未満の世帯
  2. キリン 「氷結」発売中止 原料果汁に問題
  3. 新潟・泉田知事 出馬撤回 柏崎刈羽原発、再稼働に影響
  4. 台風10号 岩手県宮古・遠野・釜石の一部で避難指示
  5. 熊本地震 九州FGが19.5億円寄付 文化財復興支援で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]