メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大統領にスーチー氏側近ティンチョー氏最有力

 【ヤンゴン春日孝之】ミャンマー国会は10日、新大統領選出プロセスに入り、アウンサンスーチー氏(70)率いる与党「国民民主連盟(NLD)」は2人の候補を擁立した。国会議員の投票による大統領選は週明けになるとみられるが、スーチー氏の側近ティンチョー氏(69)が当選する見通しだ。スーチー氏は「代理大統領」を充てる形で政権の実権を握る。

     スーチー氏はこの日の国会開会前に出した声明で「今はまだ国民の願望を完全に達成できない」と述べたうえで「ターゲット(真の民主主義)実現に向け支持してほしい」と求めた。

     スーチー氏は息子2人が外国籍のため、憲法上、大統領資格がない。このため昨年11月の総選挙直前から「勝てば大統領の上に立つ」と発言。「重要なことは全て私が決める」と公言してきた。

     NLDの総選挙圧勝を受け、スーチー氏は自らが大統領に就任する道を模索。絶大な政治権限を持つ国軍のミンアウンフライン最高司令官と交渉を重ね、憲法条項を一時凍結する案を受け入れるよう求めてきた。

     だが国軍の根強い反発の前に時間切れとなり、ティンチョー氏を「指名」した形だ。スーチー氏とは高校時代の同級生。スーチー氏の母の名を冠した慈善団体の幹部で、大統領の有力候補として名前が挙がっていた。妻はNLDの国会議員だが本人は議員ではない。

     もう一人のNLD候補は少数民族チン族の国会議員、ヘンリーバンティーユ氏(57)。無名に近い人物だ。

     テインセイン大統領の任期切れの今月30日に向け、新大統領は組閣など新体制の陣容を固めるが、スーチー氏が意中の人物を配置することになる。

    大統領選出方法

     副大統領として、国会の上下両院それぞれの民選議員が各1人、両院の軍人議員(全議員の4分の1)が1人の計3人を擁立。議員でなくてもよい。資格審査を経て全議員の投票で大統領を選ぶ。落選した2人が副大統領になる。NLDは両院とも過半数を制しており、2人出した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高畑容疑者 淳子さん会見での質問に批判殺到「不快だ」「母親に聞くな」
    2. ワンセグ放送 NHK受信料、支払い義務ない
    3. 隠しカメラ 証拠画像突きつけられ、別府署員「私です」
    4. 大分県警別府署 隠しカメラ問題 徴税吏員の行動確認 別府署員、書類送検へ
    5. NHK 「受信料長州力」中止 「強制徴収するのか」など批判受け

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]