メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災5年

「最も美しい村」黒い袋の山 飯舘村を歩く

民家前のかつての農地に積み上げられた、汚染土などを詰めたフレコンバッグ=福島県飯舘村で2016年3月10日午後、佐藤賢二郎撮影

 東日本大震災から5年。福島第1原発事故で放出された放射性物質の除染事業が続く福島県飯舘村を10日、訪ねた。

 事故の前年、「日本で最も美しい村」連合にも加盟した自然豊かな村は、無残な姿に変わっていた。農地だった場所には汚染土などを詰めた黒い袋(フレコンバッグ)の山が、見渡す限り広がっていた。今も住民約6000人が全村避難中だ。

 村によると、これまで除染で出た汚染土や枝、草などはフレコンバッグ約150万袋分。宅地の除染は終わったが、農地は55%しか完了していない。

 除染作業自体は今年中に終了する見通し。しかし、汚染土などを詰めたフレコンバッグを一時保管する仮置き場を十分確保できず、その移送先である中間貯蔵施設建設の見通しも立っていない。そのため、村内の優良農地約800ヘクタールのうち約300ヘクタールが「仮々置き場」となっている。

 国は昨年、帰還困難区域を除き、飯舘村の避難指示を来年3月までに解除すると決定。村は病院や学校などの再開に向けた準備を進めているが、除染事業の見通しは不透明で、住民のスムーズな帰還は難しい状況だ。

 村の担当者は、「かつては日本の原風景が残っていることが自慢だった。今は本当に厳しい」ともらした。【佐藤賢二郎】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
  2. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
  3. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割
  4. レイプドラッグ 意識失い性的被害 公判で不利な立場にも
  5. ストーリー 月給25万9000円の市長(その2止) 夕張再生目指し格闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]