メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親子か 「介護に疲れた」のメモ 

 10日午後2時5分ごろ、大阪市生野区勝山北3の喫茶店兼住宅の2階和室で、住人の継父(77)と娘(61)とみられる男女の遺体が見つかった。室内には「介護に疲れた」という内容の遺書とみられるメモが見つかった。府警生野署が身元確認を急いでいる。

     同署によると、男性は電気コードで首をつり、女性は男性の足元でうつぶせに倒れていた。女性に目立った外傷はなく、司法解剖して詳しい死因を調べる。広告チラシの裏に書かれたメモは継父の名前で書かれ、親族の連絡先も記されていた。

     近所の女性が10日昼、「2人の姿が2週間くらい見えない」と生野署に通報した。継父の弟(64)によると、継父は2008年に妻と死別。長く体調が悪かった娘の面倒を1人で見ていた。「自分も胸が悪い」と話していたという。弟は「将来を悲観したのだろうか」と語った。【大島英吾、遠藤浩二】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. キリン 「氷結」発売中止 原料果汁に問題
    2. 新潟・泉田知事 4選への立候補とりやめ
    3. 里親補助金 厚労省見送り 「調査研究」体制に疑問も
    4. 五輪陸上 日本側バトンが「本物」 競売出品で騒動に
    5. 台風10号 岩手・大船渡付近に上陸

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]