メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

デジタル・クローン君の成仏=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 先月、東京・青山葬儀所であったシンポジウム「イエ亡(な)き時代の死者のゆくえ」(東北大学宗教学研究室主催)はとても充実していた。宗教学者だけでなく、民俗学や葬送分野の専門家が登壇し、墓存続の前提だった<家=イエ制度>が揺らいでいく中、葬送というものをどうとらえたらいいのか、熱心に論議された。

 2日間かけ8人の専門家が講演したあと、浄土宗総合研究所の戸松義晴・主任研究員がまとめのコメント。医療現場で始まっている「遺族外来」の話や、インターネット上に残された「デジタル遺品」問題など専門以外の分野のことにまで触れた。その戸松さんが、最近気になっていること、と紹介した言葉に驚かされた。

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1116文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 不愉快な質問、かわせない=回答者・光浦靖子
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 森友問題 昭恵氏付職員「賃料値下げ要望」 共産党が追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]