メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

デジタル・クローン君の成仏=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 先月、東京・青山葬儀所であったシンポジウム「イエ亡(な)き時代の死者のゆくえ」(東北大学宗教学研究室主催)はとても充実していた。宗教学者だけでなく、民俗学や葬送分野の専門家が登壇し、墓存続の前提だった<家=イエ制度>が揺らいでいく中、葬送というものをどうとらえたらいいのか、熱心に論議された。

 2日間かけ8人の専門家が講演したあと、浄土宗総合研究所の戸松義晴・主任研究員がまとめのコメント。医療現場で始まっている「遺族外来」の話や、インターネット上に残された「デジタル遺品」問題など専門以外の分野のことにまで触れた。その戸松さんが、最近気になっていること、と紹介した言葉に驚かされた。

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1116文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  4. 社説 過労死防止の対策 残業規制だけでは足りぬ
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです