メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

デジタル・クローン君の成仏=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 先月、東京・青山葬儀所であったシンポジウム「イエ亡(な)き時代の死者のゆくえ」(東北大学宗教学研究室主催)はとても充実していた。宗教学者だけでなく、民俗学や葬送分野の専門家が登壇し、墓存続の前提だった<家=イエ制度>が揺らいでいく中、葬送というものをどうとらえたらいいのか、熱心に論議された。

 2日間かけ8人の専門家が講演したあと、浄土宗総合研究所の戸松義晴・主任研究員がまとめのコメント。医療現場で始まっている「遺族外来」の話や、インターネット上に残された「デジタル遺品」問題など専門以外の分野のことにまで触れた。その戸松さんが、最近気になっていること、と紹介した言葉に驚かされた。

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1116文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  2. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  3. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  4. ORICON NEWS タレント・庄司ゆうこ、『週刊文春』報道を否定「完全に営業妨害です」
  5. 結婚 俳優の松田翔太さん、モデルの秋元梢さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]