メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鑑定団卒業に「惜別感ない」 新番組は「独演会になっているかも」

「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」の会見に登場した石坂浩二さん

 俳優の石坂浩二さんが12日、東京都内で新番組「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」(BSジャパン)の会見を行った。29日の放送をもって、22年間務めた「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)を卒業する石坂さんは「惜別感なんてものはまったくありません」と語り、これから始まる新番組に「『鑑定団』の兄貴分的な番組にしていきたい」と意欲を語った。「鑑定団」は番組スタッフとの確執から発言がカットされたという報道もあったが、今回は「討論する番組なのですが、どちらかというと独演会になっているかも」と笑顔で話していた。

 石坂さんは、1994年の番組開始当初から「開運!なんでも鑑定団」の司会を務めたが、今月いっぱいで降板。入れ替わりで「鑑定団」から派生した「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」が4月から同局のBS放送でスタートする。確執があったと報道されたプロデューサーは制作からはずれているというが、石坂さんは「制作はまったく同じ会社ですから、仲よくもへったくれもないんで。あんまりそういう意味では関係ないと思います」と発言カット騒動については明言を避けた。

 新番組は、毎週さまざまなお宝コレクターが自慢の品を持ち寄り、その魅力をじっくり語り合うという内容。石坂さんの博識ぶりとウンチクも聞ける大人の番組になるという。4月7日から毎週木曜午後9時に放送。

 この日、初回収録を終えた石坂さんは「僕自身すごく楽しめた」と笑顔で語った。「興味があるものばかりで、乗り気でやったので、収録も長くなっちゃったかなっていう気もしますが、楽しんでいる雰囲気が出たら」と期待し、「テレビっていうのはそういう(現場の)空気感が出るのが怖いので楽しくやりました」と意味深なコメントも。「こういう番組が『鑑定団』から必然的に生まれてくるはずだった。もっと早く生まれればよかったんですけれど、今回はこんなことで、皆さんにご迷惑……いや、僕が迷惑をかけられた」と騒動にも一部言及した。

 「鑑定団」での石坂さんの後任は、フリーアナウンサーの福澤朗さんに決定しており、来週リニューアル会見が行われる予定だという。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の全文
  2. 青森・中1自殺 「いじめがなければ、もっと生きていた」
  3. 日本酒 おっさんに売らない!…若者向け限定酒「J23」
  4. 学校「指導死」シンポジウム 叱責後の自殺、防ぐ道は 全国の遺族ら集う 中区 /広島
  5. 大阪女児焼死 なぜ冤罪見抜けなかったのか 再審無罪判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]