メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災5年

米国務長官「日本の人々の勇気を思い起こす」

 【ワシントン和田浩明】ケリー米国務長官は11日、東日本大震災の発生5年に合わせて声明を発表し、「悲劇に対処した日本の人々の勇気を思い起こす」と強調するとともに、親しい人を失った人々に哀悼の意を表明した。また、日米が連携して被災地支援を行った「トモダチ作戦」について「同盟関係の持続的な強さを示した」と評価した。

     ケリー氏は数万人の被災者を救援したとして、日本の自衛隊や米軍、国際機関などを称賛。米国として今後も被災地の復興支援を継続する方針を示した。

     米国では、主要メディアが震災や原発事故の影響を改めて取り上げている。ワシントン・ポスト紙(電子版)は被災地が経済的な打撃を受け、復興が思うように進んでいないと報道。タイム誌は被災者が受けた精神的な影響を伝えている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲 貴乃花親方 元日馬富士暴行事件の見解公表
    2. 中塩美悠の青いバラ 頭を一度白紙に戻すと決心
    3. 池田動物園 開園65年、存続の危機 園長は陛下の姉
    4. 野田元首相 SPゼロにぼやき「ドア開閉の人いない」
    5. 岩波書店 広辞苑「しまなみ海道」説明誤り 「大島」違い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]