メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若桜鉄道

「恋の日」にピンクのSL登場 鳥取

ピンク色にしたC12型167号機のイメージ写真=若桜鉄道提供
ピンク色に塗られる予定のSL、C12型167号機=若桜鉄道提供

 鳥取県の第三セクターの若桜鉄道(本社・同県若桜町)は12日、5月1日を語呂合わせで「恋の日」とし、同社が保有する蒸気機関車(SL)をピンク色に塗装して走らせることを発表した。

     塗装されるのは、1938年製のC12型167号機で、5月1〜8日の期間限定で若桜駅構内を走る。鳥取県では、第三セクターの智頭急行が2013年6月に恋山形駅(智頭町)をピンク色に塗り替えたことをきっかけに、ピンク色のカレーやしょうゆが売られるようになり、県を代表する観光地に発展。「恋の色」でもあるピンク色が、町おこしに一役買ってきたという。

     ピンク色のSLは、12日に開かれた「鳥取鉄道フォーラム」(鳥取県主催)で、鉄道好きとして有名なホリプロの南田裕介マネジャーが発案し、鉄道写真家の中井精也さんやタレントの豊岡真澄さんらが賛同。若桜鉄道がその熱意に応える形で実現することになった。

     若桜鉄道は「SLをピンク色にという提案には驚いたが、鳥取県全体がピンク色で盛り上がっていることもあり、やってみようということになった。県と若桜鉄道の知名度アップにつなげたい」と、ピンクのSL効果に期待を寄せている。【米田堅持】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]