メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民副総裁「決め方ザ・ポピュリズム」

自民党の高村正彦副総裁=望月亮一撮影

 自民党の高村正彦副総裁は11日の党役員連絡会で、民主、維新両党が合流後の新党名を世論調査で決めることについて「ザ・ポピュリズム(大衆迎合主義)というか、選挙互助会にふさわしい決め方だ」とやゆした。

 新党名候補の「立憲民主党」に関しては「集団的自衛権(の行使容認)は憲法違反と主張する運動を共産党と進めたい岡田克也民主党代表の路線に沿った名前」と指摘。もう一つの候補の「民進党」についても、「『民主』の名前がなくなることは松野頼久維新の党代表の『理念捨て、名前捨てさせ、里帰り』という思惑にピッタリだ」と冷やかした。

 松野氏は2012年に当時の日本維新の会に加わり、民主党を除名された経緯がある。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米軍 「先制攻撃の準備」 北朝鮮核実験強行なら 米報道
  2. 森友学園 交渉で昭恵氏の名 籠池氏が財務省幹部に
  3. 福岡3.8億円強奪 大金運搬は複数で…安全対策
  4. 米韓 THAAD、急いだ配備 北朝鮮の挑発警戒
  5. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]