メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本田氏人事 大使と内閣官房参与兼務異例

本田悦朗内閣官房参与

 安倍晋三首相の経済ブレーンとして知られ消費増税に否定的な本田悦朗内閣官房参与(61)が駐スイス大使に転任する。政府が11日の閣議で決定した。ただし、参与の役割も兼務。政府・与党の一部では、首相官邸が、増税に否定的な本田氏の影響力を残し、財務省などをけん制したとの見方が出ている。

     大使と内閣官房参与の兼務は異例だ。駐バチカン大使には前経団連事務総長の中村芳夫内閣官房参与(73)を起用したが、11日付で参与を退いた。

     財政再建を重視する自民党税制調査会には「本田氏が官邸を離れれば、『増税の悪影響』を連日進言できなくなる」との期待もあったが、目算が狂った格好だ。「消費増税再延期の地ならし」との観測もある「国際金融経済分析会合」にも本田氏は全日程に出席する見通しだ。増税に否定的な経済官庁幹部は「本田氏を残すことで、(増税派をけん制する)一定のメッセージになる」と話した。【大久保渉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 岐阜市 給食指導で児童5人が嘔吐 教諭を厳重注意
    2. 防府市長 慰安婦言及教科書「採択中止願うはがき」
    3. ORICON NEWS マツコ、夢かなって力士姿に大変身 有吉「本物だよ!」と絶賛
    4. 公明党 長沢副復興相が辞職「知人女性宿泊、軽率だった」
    5. 衆院選 村井宮城知事が事前運動か 自民議員への投票促す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]