メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メタン大幅削減で合意 温暖化抑止で

米国のオバマ大統領と乾杯するカナダのトルドー首相(右)=ワシントンで10日、AP

 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は10日、カナダのトルドー首相とホワイトハウスで会談し、地球温暖化抑止のため石油、ガス産業が排出するメタンガスの量を2025年までに12年の水準から40〜45%削減することで合意した。

     オバマ氏は会談後の共同記者会見で、米国やカナダが接する北極海周辺でも「海氷や氷河がとけ、海水位が上昇するなどの脅威に直面している」と指摘。連携してメタン排出量の削減を図ることを明らかにした。北極海周辺や住民の保護対策でも協力する。

     強力な温室効果ガスである代替フロンの削減についても、今年中に追加対策を打ち出すことになった。トルドー氏は「この分野で米加の指導力が国際的に求められている」と発言。米国と20年以降の温室効果ガス排出削減に関する「パリ協定」の批准に向け取り組む意向を強調した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
    2. 選抜高校野球 2ケタ得点で圧勝 最後の8強は健大高崎
    3. 和歌山・小5刺殺 被告の父謝罪 「本当にすみません」 地裁公判
    4. 高浜原発 再稼働可能に…大阪高裁が運転差し止め取り消し
    5. 千葉・我孫子の女児殺害 両手首に縛られた痕 押さえつけられたか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]