メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

オバマ氏「共和は自業自得」 トランプ氏台頭

 【ワシントン西田進一郎】オバマ米大統領は10日、大統領選に向けた共和党候補指名争いで実業家のドナルド・トランプ氏が台頭していることについて、オバマ政権の全てに反対し、協力や妥協をしなかった共和党主流派らが招いたものだと批判した。

 ホワイトハウスでトルドー・カナダ首相と会談した後、共同記者会見で語った。オバマ政権下で広がった政治的な分断がトランプ氏のような人物の台頭につながったとの指摘があると聞かれて、「これまでも共和党からいろいろと批判されてきたが、彼らの候補指名争いについてまで非難されるとは意外だ」と一蹴。「共和党中枢などが私の政策の全てに反対し、協力や妥協をすれば裏切りだとの考えを過去7年間にわたって共和党支持層に浸透させ続けてきた」とし、これがトランプ氏のような人物が指名争いをリードできる環境を作ったと非難した。

 そのうえで、この状況や共和党の方向性を懸念する「思慮深い保守派たち」に、「サーカスのような状況」を生んだ経緯を反省するよう促した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
  3. 長尾・自民衆院議員 女性議員らに「セクハラ縁遠い」 投稿炎上
  4. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  5. 大リーグ エンゼルス大谷がメジャー初4番

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]