メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾からの支援に、宝塚歌劇団謝意

 宝塚歌劇団と日本の対台湾窓口機関「交流協会」が11日、東京都港区の台北駐日経済文化代表処の沈斯淳(しん・しじゅん)代表公邸を訪れ、東日本大震災で台湾から寄せられた義援金などへの感謝と2月の台湾南部地震の慰問活動を実施した。

     宝塚歌劇団は2013年4月と昨年8月に台湾公演を行っており、台湾にも幅広い年齢層のファンを持つ。この日、台湾南部地震の義援金として、同歌劇団と阪神電鉄、阪急電鉄は計300万台湾ドル(約1000万円)を寄付。同歌劇団花組8人が台湾語で「望春風」を歌った。

     沈代表は「大震災から5年たったが、交流協会、宝塚の皆様が用意してくれた心温まるイベント、台湾への感謝や人情を大切にしてくれていることを見ると、胸が熱くなる」と謝意を表明した。【大前仁】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. NHK 「障害者を感動話に」方程式批判
    2. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    3. ドラマ 障害者親子のすれ違う思い描く NHKEテレ「バリバラ」が2作目
    4. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超
    5. 埼玉河川敷遺体 逮捕少年に「パズル」 そのグループとは

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]