メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大震災5年

キャンドル1万本と献花と黙とうと…名古屋

東日本大震災から5年を迎え、追悼のキャンドルを前に黙とうする人たち=名古屋市中区で2016年3月11日午後6時46分、木葉健二撮影

 東日本大震災の犠牲者追悼式が11日、名古屋市中区の久屋大通公園で開かれた。約600人が参列し、地震発生時刻の午後2時46分、黙とうして冥福を祈った。

 NPO、企業など14団体が実行委員会形式で開いており、今回で3回目。会場には「追悼東日本3・11」と約1万本のキャンドルを並べた。参加者は次々と献花台に花をささげた。

 実行委員長の石井弘子・東海岩手県人会長(58)は「これからも被災地と被災者に心を寄せていきます。東日本大震災を教訓に災害に備えます」との宣言文を読み上げた。

 岩手県陸前高田市から愛知県知多市に来た鶴島道子さん(61)は「あっという間の5年で、生きていくのに必死だった。今日の励ましを心に前に進みたい」と話した。宮城県山元町から名古屋市守山区に定住した西村淳一さん(66)は「テレビで被災地を見ていると、生活を再建できているか気になる。そちらに予算を回してほしい」と話していた。【清藤天】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  2. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 人身事故 山手線と埼京線で遅れ、6000人に影響 東京
  5. いきものがかり ゆかり厚木のCD店 惜しまれつつ閉店 ファンの「聖地」に賛辞の拍手 /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]