メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺構保存検討の校舎でサバイバルゲーム

 10日午後8時40分ごろ、東日本大震災で被災し、震災遺構として保存が検討されている宮城県山元町の旧中浜小に「不審な車が止まっている」と県警亘理署に通報があった。署員が駆けつけると、校舎内で若い男9人がエアガンを撃ち合っていた。同署は許可なく立ち入ったとして9人を軽犯罪法違反容疑で書類送検する方針。

 亘理署によると、9人は福島県相馬市と宮城県丸森町に住む10代後半〜20代前半の会社員ら。「サバイバルゲームをしたかった」と話しているという。

 旧中浜小は2階天井まで津波で浸水し、児童ら約90人が屋上に逃れて助かった。窓や玄関のガラスは割れたままになっている。町の担当者は「信じられない行為で残念。巡回など管理を強化したい」と話している。【伊藤直孝】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽山 50人の命救った山小屋、建て替えで解体作業進む
  2. 木星衛星 エウロパから水噴き出す NASAが観測
  3. 米大統領選 初の直接対決 テレビ討論会 資質で火花
  4. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
  5. 野球賭博 ダルビッシュ投手の弟に有罪判決 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]