メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琴奨いざ綱取りへ 白鵬、鶴竜巻き返せるか

 大相撲春場所は13日、エディオンアリーナ大阪で初日を迎える。取組編成会議が11日にあり、初日と2日目の取組が決定。大関・琴奨菊の2場所連続優勝と横綱昇進なるかが最大の焦点で、横綱の白鵬や鶴竜、他の大関陣も巻き返しを図る。

     琴奨菊は稽古(けいこ)の番数は少ないが、明るい表情で調整は順調そう。高安との初日をはじめ序盤に取りこぼしをせず、終盤の上位陣との対戦に備えたい。

     白鵬は優勝から3場所遠ざかる。横綱昇進後は4場所連続で優勝を逃したことはなく、「(気持ちで)急ぐところがある」と心境を吐露。稽古で積極的に番数を重ねるなど、賜杯への意欲はいつも以上に強い。3場所ぶりの優勝を狙う鶴竜も熱心に出稽古に励み、状態はいい。昨年の春場所を左肩のけがで休場しているだけに「今場所はいい成績を残したい」と意気込む。先々場所優勝の横綱・日馬富士は師匠の伊勢ケ浜親方が「ちょっと良くないな」と明かし、順調な仕上がりではないようだ。

     大関陣では稀勢の里が好調。7、8日には佐渡ケ嶽部屋で琴奨菊と三番稽古を行い、計24番で17勝を挙げて「全体的によかった」と手応えを感じている。豪栄道、照ノ富士はカド番脱出を目指す。【吉見裕都】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 乳幼児栄養調査 ゆとりない家庭、魚や野菜少なめ
    2. イタリア 中部でM6.2地震…6人死亡
    3. 高畑裕太容疑者逮捕 高畑淳子、NHK「スタパ」出演取りやめ 代役は榊原郁恵
    4. 器物損壊容疑 女性服に火、自衛官逮捕…背後からバーナー
    5. 豪華寝台列車 淡いゴールドで夢の旅…「四季島」お披露目

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]