メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐るべきかな原爆

記者16年目の無条件降伏 第3部 広島を愛して/33 小康状態、猛烈に書く /広島

 重富芳衛の病状報告と平和論は先に紹介したが、小康状態を得た重富芳衛の1961(昭和36)年2月号での原稿の書きっぷりは、原爆症が快癒したのではと思わせるほどだ。ひやかし気味に広島の政財界情報を知らせる「カラコラム」は、出だしからしてニヤリとさせる。

 <県会副議長が議場内で●×を蹴られた。馬のような議員もいるらしい。県会のゴタゴタもずいぶん永く続いたが、●×事件とは、なかなか愛きょうがあってよろしい>

 <県の広島湾埋立工事費に九億円の見込み違い。しかしこれしきの間違いに驚いては、広島では笑われる>

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです