メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

列車貸し切り独り占め 秋田・由利高原鉄道

由利高原鉄道の列車1両をチャーターした川村さん=秋田県由利本荘市の羽後本荘駅で

由利本荘市の返礼品の目玉 千葉の男性申し込み

 秋田県の由利本荘市がふるさと納税の返礼品の目玉として用意した、由利高原鉄道(由利鉄)の貸し切り列車が12日、初めて運行された。車両を独り占めしたのは大の鉄道ファンという千葉県船橋市の会社役員、川村高志さん(67)。「子供の頃からの夢がかなった」と喜び、ちょっとぜいたくな鉄道の旅を楽しんだ。

     地元ローカル線の魅力をアピールしようと、市が昨年10月、10万円以上の寄付に対する返礼品に車両の貸し切りを加えたところ、これまでに川村さんを含め2件の申し込みが寄せられた。

     この日は2両編成のうち1両が川村さんに開放され、川村さんの名前が入った特製ヘッドマークを付け、鳥海山ろく線の羽後本荘−矢島間、23キロを片道運行した。

     川村さんは車内での約40分間をビールを飲んだり景色を眺めたりして過ごしたといい、到着後は「本当にうれしい。多くの人に由利鉄を利用してもらいたい」と満足そうだった。【松本紫帆】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市臨時職員 ゲーム世界一「虚偽でした」 掲載2紙おわび
    2. 男性遺体 頭部などない遺体発見 千葉・銚子漁港
    3. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑
    4. テレビ朝日 SMAP解散後も…スマステ&“ぷっ”すま継続へ
    5. 乳児遺体 女の映像を初公開 福岡県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]