メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本勢トップの2位でフィニッシュする田中智美。奥は3位の小原怜=名古屋市東区のナゴヤドームで2016年3月13日、三浦博之撮影

 リオデジャネイロ五輪の最終代表選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが13日、名古屋市のナゴヤドームを発着点とする42.195キロのコースで行われ、田中智美(第一生命)が小原怜(天満屋)を最後に振り切り、2時間23分19秒で日本勢トップの2位に入って五輪代表の有力候補となった。

     ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が2時間22分40秒で優勝を果たした。

    「最後の五輪挑戦」と表明していた2004年アテネ五輪金メダリストの野口みずき(シスメックス)は序盤に遅れた(記録は速報値)。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さいたま市議 「首つって死ね」委員会暴言、取り消し謝罪
    2. 平昌五輪 IOC対策に死角 OAR選手薬物陽性疑い報道
    3. ドーピング 禁止物質検出の斎藤慧コメント全文
    4. Features・平昌の主役たち Vol.13 スピードスケート女子団体追い抜き 高木菜那・高木美帆
    5. 五輪スノーボード 岩渕、彗星のごとく 女子最年少16歳

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]