メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

重荷の行方=山田孝男

関西電力高浜原発(右から)4号機と3号機、2号機と1号機=福井県高浜町で2016年3月10日午前10時20分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 脱原発しかない。

 原発から出る使用済み燃料は重荷でしかない。

 研究施設のプルトニウムも重荷でしかない。

 重荷が増え続けるから高レベル核廃棄物の最終処分場さえ決まらない。

 もうすぐ決まるようなふりはやめてほしい。

 核燃サイクルがもうすぐ完成するかのようなウソもやめてもらいたい。

      ◇

 9日、大津地裁が、関西電力・高浜原発(福井県高浜町)の運転を差し止める仮処分を命じた。

 例によって、新聞各紙の評価は分かれた。

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1328文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです