メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リトルアスリートクラブでは、子ども同士で組んで体を動かすことも=東京都文京区で、五味香織撮影

 新年度にあたり、子どもに習い事を始めさせようと考える人も多いだろう。スポーツや芸術のほか、教育的な内容まで、さまざまな教室がある。選び方や始める時期、頻度など、最近の習い事事情から考えた。

 「次は、カエルみたいに跳んでみよう」。東京都文京区のスポーツ施設で、男性スタッフが幼児約20人を前に手本を示した。学研グループが運営する運動教室「リトルアスリートクラブ」の年中・年長クラス。子どもたちは手足を使ってマット上を進んだり、用具を跳び越えたり、さまざまな方法で体を動かし、最後は跳び箱に挑戦した。

この記事は有料記事です。

残り1761文字(全文2010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです