メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産の町 ビーチ観光客襲った銃火

 【ヨハネスブルク服部正法】西アフリカ・コートジボワール南部グランバッサムで13日発生した武装集団によるホテル襲撃事件で、コートジボワール政府は同日、民間人の犠牲者が14人となり、他に治安部隊2人、襲撃犯6人が死亡したと発表した。米国のテロ監視団体は、国際テロ組織アルカイダの北・西アフリカ分派「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」(AQIM)が犯行を認めたと伝えた。

     武装集団はホテル3軒とビーチでリゾート客らに発砲した模様。ロイター通信は犠牲者のうち4人は欧州人と伝えた。外務省によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

     グランバッサムは最大都市アビジャンから東に約40キロにあり、歴史的景観が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている。コートジボワールではこれまでイスラム過激派による目立ったテロはなかった。

     西アフリカではマリの首都バマコで昨年11月、ブルキナファソの首都ワガドゥグで今年1月、相次いで高級ホテルがイスラム過激派によって襲撃され、外国人観光客を含む多数の死者が出ている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人未遂 容疑で女子大生逮捕「恋愛感情のもつれで」
    2. 内閣支持率 続落26% 「総裁3選」62%否定 
    3. 殺人未遂 子供2人への容疑で再逮捕 福岡
    4. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響
    5. 選挙 仙台市長選 終盤情勢 菅原氏、追い上げ 郡氏と激しく競る /宮城

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]