メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たこ揚げで東日本大震災の被災者激励

たこはうまく揚がらなかったが、「日の丸」を見せて誇らしげな子供たち。そろいのTシャツには「絆」「あなたたち日本と共に」などが書かれていた=パレスチナ自治区ガザ地区南部ハンユニスで、大治朋子撮影

 2014年夏のイスラエルとの戦闘で多数の家屋が破壊されたパレスチナ自治区ガザ地区の南部ハンユニスで13日、東日本大震災の被災者を激励する恒例のたこ揚げがあり、1300人余りの子供たちが参加した。被災地・岩手県釜石市の子供たちも同日、たこ揚げを開催。インターネット電話でガザの子供たちと交流し、「未来への希望」などを語り合った。【ハンユニス(ガザ地区)大治朋子】

 インターネットで釜石の子供たちと話した9年生のラワン・サフィさん(14)は「日本で大学に通いたい」と話した。サフィさんは昨年11月、寄付金でガザの教諭や同級生ら3人とともに来日、釜石も訪ねた。釜石の復興ぶりについて「再建が早くて驚いた。日本は戦後は何もないところから立ち直った。私たちも同じように復興できると希望を持ちたい」と話した。

 子供を代表して演説したラナ・アボエルエールさん(14)は「被災地への支援と連帯の思いを示すためのたこ揚げです」と語った。

 ガザの子供たちは11年夏、約1万3000枚のたこを一斉に揚げ、ギネスの世界記録に認定された。兵庫県・淡路島の住民がこれを知り、震災が起きた3月11日に国内外でたこを揚げるイベントを提唱。ガザでは12年、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の主催で始まった。今年は台湾や韓国、ネパールなどでも開催したり、同様の行事が催されたりする予定。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高濃度セシウム 福島第1周辺のダム底に堆積
  2. 豊洲市場 市場関係者に空洞図を提供…盛り土なし説明せず
  3. クローズアップ2016 都政に「小池カラー」次々 豊洲が改革試金石
  4. チェック 聖地「君の名は。」現象 リアルな映像、若者を魅了 公開28日で100億円
  5. ポケモンGO 危険な「一斉移動」 背景に「不正ツール」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]