メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワシントンでルビオ氏勝利

 【ワシントン及川正也】米共和党は12日、首都ワシントン(コロンビア特別区)、西部ワイオミング州、自治領グアムで党員集会を開いた。米CNNによると、ワシントンではマルコ・ルビオ上院議員(44)、ワイオミング州ではテッド・クルーズ上院議員(45)がそれぞれ勝利した。

     これで獲得代議員数は、トップの実業家、ドナルド・トランプ氏(69)462人▽クルーズ氏371人▽ルビオ氏165人▽ジョン・ケーシック・オハイオ州知事(63)63人−−となった。グアムでは9人の代議員を選んだが、正式な支持表明は7月の党大会で行われる。

     一方、民主党は北マリアナ連邦で党員集会を開いた。ヒラリー・クリントン前国務長官(68)が勝利し、代議員4人を獲得。総数を1244人に伸ばした。バーニー・サンダース上院議員(74)は2人増えて574人。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    2. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
    3. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
    4. 自民 豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと
    5. クローズアップ2017 「人質外交」いらだつ米 学生、解放後死亡 北朝鮮拷問か、怒り渦巻く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]