メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運転反対集会に1500人 鹿児島

東日本大震災5年に合わせ、川内原発反対の意思を示す参加者ら=鹿児島市中央町のJR鹿児島中央駅東口で2016年3月13日午後1時27分、杣谷健太撮影

 東日本大震災5年に合わせ、昨年再稼働した九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の運転に反対する集会が13日、鹿児島市であり、約1500人(主催者発表)が参加した。関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた大津地裁決定を受け「司法は私たちの声に耳を傾ける時だ」などの声が上がった。

     川内原発でも、運転差し止めの仮処分を求める即時抗告審が福岡高裁宮崎支部で係争中。壇上に立った森雅美弁護団長は「5〜6月ごろに決定が出ると思う」とした上で、「裁判所は法律のみによって動いているのではない。裁判官に(原発反対の)国民の意思を見せ続けてほしい」と述べ、世論の広がりに期待。反対集会の実行委員会の向原祥隆(むこはら・よしたか)事務局長(59)は「(宮崎支部の)裁判官が続いてくれることを願いましょう」と力を込めた。【杣谷健太】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド あの前都知事と大違い、惜しまれ引退クリーン村長 本州で人口最少、信号機もない和歌山県北山村
    2. 都知事選 竹花元副知事が出馬検討…自民都連へ意向伝える
    3. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    4. 不正アクセス容疑 17歳、成績管理システムに侵入
    5. 藤野・共産政策委員長 「人殺す予算」と発言、取り消す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]