メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盛岡バスセンター

9月営業終了、解体へ 建て替え計画から撤退 /岩手

建て替え計画が頓挫した盛岡バスセンター=盛岡市中ノ橋通1で

 「盛岡バスセンター」(盛岡市中ノ橋通1)の運営会社が市に建て替え計画からの撤退を申し出ていたことが分かった。バスターミナル業務を9月に終え、年内に建物を解体するという。計画は運営会社が2014年に中断し、暗礁に乗り上げていた。

 バスセンターは、県内路線バスなどのターミナルとして、1960年に開業した。「株式会社盛岡バスセンター」が運営。鉄骨3階建てで、延べ床面積は約2500平方メートルになる。バスの待合所のほか、飲食店などテナントの7事業者が入っている。平日は23路線253便が発車し、市民の足として欠かせない…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです