メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公用車

橿原・桜井市長選の出陣式に出席首長8割使用 現職応援「公務に該当」 /奈良

 昨秋の橿原、桜井両市長選の告示日、現職の出陣式に出席した市町村長の約8割が公用車を使っていたことが、毎日新聞の取材で分かった。各自治体は公費で運営される公用車の利用は一般に「公務」に限定しており、政治家としての活動である「政務」と判断して私有車を使った首長もいた。線引きは曖昧なだけに、専門家は使用の必要性についての説明責任を指摘している。【伊澤拓也、塩路佳子】

 橿原市長選(昨年10月18日告示)は森下豊市長(57)が新人との一騎打ちを制して3選、桜井市長選(…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文808文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです