メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐るべきかな原爆

記者16年目の無条件降伏 第3部 広島を愛して/34 再び悪化、執筆に苦闘 /広島

 病状が再び悪化したのだろう。セブンウイクリーの1961(昭和36)年3月号では、重富芳衛の取材、執筆量は前月と比べ、がくっと落ちる。ニュース性を備えた記事は少なく、病床で新聞を読んでひねり出した社会時評が多い。

 原爆病院雑記によると、2月号の原稿を締め切った1月21日に軽い風邪を引いたのがもとで、ずっと発熱が続き、それほどの高熱は出なかったものの、2月に「気分爽快」という日はほとんどなかった。少し気分がいいからと思って原稿を書くと、また熱が出た。

 <(発熱すると)看護婦さんから「お仕事がすぎるんじゃないですか」と一本やられる。看護婦さんならまだ…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文750文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです