メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラジカル

インドネシアとIS/下 脱過激派に受け皿を

元テロ受刑者のマフムディ・ハリオノさん。現在は更生し、レンタカー・ハイヤー業などを営む=インドネシア・ジャワ島中部スマランで

 ジャワ島中部スマランの住宅街でレンタカー・ハイヤー業を営むマフムディ・ハリオノさん(40)が言った。「もう二度と家族を悲しませない」。イスラム過激派の元メンバー。海外で軍事訓練を受け、戻った後に武器などの隠匿で6年間服役した過去を持つ。

 きっかけは2000年前後に国内数カ所で起きたイスラム、キリスト両教徒の争いだった。異教徒間の住民トラブルが武力紛争に発展し、双方合わせて多数の犠牲者が出た。憤りを感じ同年、過激派に飛び込んだ。

 「ミンダナオ島で訓練して来い」。命令を受け船でフィリピンに密入国。分離・独立を目指し比政府と戦う「…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1078文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです