メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梅と言えばここ 紅白の愛らしい花が見ごろ

見ごろを迎えた偕楽園の梅=水戸市で2016年3月13日午後1時19分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 日本三名園の一つで梅の名所として知られる水戸市の偕楽(かいらく)園で、紅白の愛らしい花が見ごろを迎え、観光客が詰めかけている。

     園内には約100品種約3000本の梅が植えられている。5年前の東日本大震災では、施設の壁が崩れるなどの被害が出て閉園。全面再開まで11カ月を要した。

     31日まで恒例の「水戸の梅まつり」が開かれ、21日まで日没から午後9時まで園内がライトアップされる。【中里顕】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 私立小設置認可基準を緩和 大阪府が要望受け
    2. 高知道 多重事故で死亡の女性、元サッカー選手と判明 
    3. エマルシェ 自己破産申請 「さくら野百貨店仙台店」経営
    4. 受動喫煙 バーなど「30平方メートル以下」喫煙可
    5. 西武筑波閉店 百貨店1店舗だけに…茨城県民ショック

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]