メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホークス筑後が落成 ファーム新本拠地

HAWKSベースボールパーク筑後=福岡県筑後市で2016年3月7日、本社ヘリから田鍋公也撮影

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスが福岡県筑後市に建設したファーム(2、3軍)の新本拠地「HAWKSベースボールパーク筑後」の落成式が15日あり、王貞治球団会長らが出席した。オープニングゲームは19日のウエスタン・リーグ(2軍)の公式戦、広島戦(午後2時開始)となる予定。

     新本拠地は福岡市東区の雁の巣球場が手狭になったとして建設した。JR筑後船小屋駅近くで、敷地面積約7万2000平方メートル。メイン球場「タマホームスタジアム筑後」とサブグラウンド、クラブハウスや42人が居住できる選手寮、屋内練習場を備える。ファーム公式戦も開催されるメイン球場は両翼100メートル、中堅122メートルとヤフオクドームと同規格で、約3000人分の客席、ナイター照明もある。

     式後、王会長は「全ての面で今までにない素晴らしい施設ができた。あとは選手が頑張るだけ」と期待を寄せた。【角田直哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都府警 置き忘れかばんの顔写真、LINEに投稿される
    2. ピコ太郎 3月6日に武道館でライブ開催 「やることに意義ある」
    3. 日本将棋連盟 辞任発表の谷川会長のコメント全文
    4. トランプ氏 セクハラで提訴 ホスト務める番組に出演女性
    5. 八神製作所 元社員が三重大から6296万円詐取

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]