メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾・民進党は祝福と戸惑い

 【台北・鈴木玲子】民主党と維新の党が合流後の新党名を「民進党」に決めたことに対し、台湾の民進党(正式名・民主進歩党)の楊家※(ようかりょう)報道官は14日、「同名の政党が増えることに親近感を覚える。祝福する」とのコメントを発表した。(※はにんべんに良)

 ただ、党内からは戸惑いの声も聞かれた。支持率低迷が続く民主や維新が、同じ党名になることに民進党の地方議員は「台湾の民主主義を勝ち取ってきた我々とは背景が違う気がする。あまりうれしくはない」と漏らした。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
  2. 稲田氏辞任 小池都知事「スピード感なかった」
  3. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
  4. 朝鮮学校無償化 「母校が認められた」全面勝訴に大歓声
  5. PKO日報 特別防衛監察の結果・概要

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]