メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「おかま支援する必要ない」発言、撤回

 新潟県三条市の西川重則市議(66)が、市議会常任委員会で、市が番組制作を委託する地元FM放送局の男性パーソナリティーについて「『おかま』と聞いている。正常な形でない人を行政が支援(して公費を支出)する必要はないのではないか」などと発言していたことが14日分かった。西川市議は不適切だったとして、発言を撤回した。

 市議会事務局によると、10日の市民福祉常任委で、2016年度一般会計当初予算案に計上されている「燕三条エフエム放送」(新潟県燕市)への番組制作委託料約286万円を巡って発言があった。番組は今年度から放送している市の広報番組で、同局によると、男性は「おねえキャラ」で人気を呼んでいるという。

 西川市議は11日の同委で、不適切な発言だったとして撤回。議事録からは削除される。西川市議は14日、毎日新聞の取材に「個別番組に多額の公費が使われるのは問題だという意図で、差別する気はなかった。男は男らしく、女は女らしくという考えもあり、(性的少数者に対し)申し訳ない発言だった」と釈明した。【柳沢亮】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
  2. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載
  3. 東京都 五輪予算232億円付け替え 担当外の局に
  4. 東京都 リオPR施設運営費、4分の3を負担か
  5. クローズアップ2016 中国製高速鉄道、暗雲 インドネシアに建設、用地買収停滞・資金難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]